You and night and music


by mizuhology
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

今週末のライブ4/3金曜日

経験豊富なツワモノトリオ!ってボキャブラリが貧しいかしら。。

とにかく聴いてみて!!ください。

フリー系ライブ、たくさんありましたけど、このトリオは特にオススメです。3人の息がすごく合ってるのが伝わってくる。

一人一人の腕も最高だし、ライブに立ち会うことは貴重なことと思います。

私も楽しみにしているライブです。


フリーファンの皆様、ホント 是非オススメ!店が存続してるうちに来てくださいね。。
(注 閉店の予定はありません。)


スタートは20:30~ と 22:00からオープンは19:30です。

それでは また 明日!
4月3日 金曜日のミュージシャンプロフィール
広瀬淳二 ・・・ソプラノサックス、テナーサックス、自作ノイズ・マシーン
中学時代から日野皓正、マイルス・デイヴィスなどモダン・ジャズを聞き始める。トランペット・サックスを買って、独学で習い始める。コルトレーンに傾倒。
1973年、明治学院大学に入学。ジャズ研に入部。ソウル・バンドに誘われ、レコードを出す。ヨーロッパ・フリー・インプロヴィゼイションとの最初の出会いがある。1978年、大学卒業。
1979年、永野秀一(ベース)、山崎泰弘(ドラムス)とトリオ「フリー・エクスパンション」を結成。河野雅彦(トロンボーン)と親しくなり、一緒にコンサートを企画する。近藤等則(トランペット)、吉沢元治(ベース)、高木元輝(サックス)などのワークショップに度々参加し、ポール・ローヴェンスやユージーン・チャドボーン(ギター)等外国人ミュージシャンと共演する機会を得る。
1981年、自主レーベル「カクーン」から「ソロ・サクソフォーン」をリリース。80年代前半は、厚木「ファー・アウト」や中野「テルプシコール」を中心に飯島晃(ギター)、元木義則(ギター)、豊住芳三郎(ドラムス)等としばしば共演。テルプシコールでは自らコンサートを企画し、ミュージシャンはもとよりダンサーや詩人とも共演する。
1982年、藤川義明がイースタシア・オーケストラを旗揚げした時に短期間参加し、サックスを吹く。この頃から、がらくたを集めて演奏に使い始める。始めはバラバラに置いていたが、そのうち枠を設けて、各パーツを卓上型のセットに取り付けるようになる。
1984年、イースタシア・オーケストラに加入し、メンバーとして渡欧。西ドイツ(メールス・ジャズ・フェスティヴァルに出演)、東ドイツ、オーストリア、スイス、オランダで演奏する。
1984年、富樫雅彦のバンドにサックスで参加。以来、現在に至るまで断続的に共演を続ける。
1987年、「ノイズ・マシーン」を持参してライプチヒのジャズ・フェスティヴァルに出演。持ち運びのためマシーンを小型化する。
1988年、大友良英とのデュオがスタート、1990年頃まで続く。
1989年、大友とのデュオLP「シランガナン・インガイ」を発表。
1989年、不破大輔が旗揚げした「渋さ知らズ」にサックスで参加。以来、現在に至るまで断続的に参加。
1991年、鬼怒無月(gt)プロジェクトに植村昌弘(dr)と共に参加同年、これが植村をリーダーとするP.O.N.に発展。
1991年、大友のグラウンド・ゼロにゲスト参加。1992年から約2年間、正式メンバーになる。(楽器はサックスのみ)
1993年、グラウンド・ゼロのメンバーとしてメールス・ジャズ・フェスティヴァル、札幌ナウ・ミュージック・フェスティヴァルに出演。
1995年、ササキヒデアキ(ヴィデオ)、内橋和久(ギター)とステレオドロームを結成。
1996年、神戸フェスティヴァル・ビヨンド・イノセンスにステレオドロームのメンバー、およびソロで出演。
1998年、「渋さ知らズ」のメンバーとしてメールス・ジャズ・フェスティヴァル、オランダ、アムステルダム「BIMHUIS」で演奏する。
1998年、横浜ジャズ・プロムナードに金井英人(ベース)、千野秀一(キーボード)のトリオ、および「渋さ知らズ」のメンバーとして出演。
1999年4月、植村昌弘がP.O.N. の解散を表明。
1999年、横浜ジャズ・プロムナードに「渋さ知らズ」のメンバーとして出演。
2000年6月、富樫雅彦音楽生活45周年記念コンサート(東京国際フォーラム、ホールC)に出演。
2000年10月、横浜ジャズプロムナードに金井英人(b)ユニット with 広瀬淳二(ts)、加藤崇之(gt)、馬場高望(per)で出演。
2000年11月、CD「ギロチン兄弟プレゼンツ:広瀬淳二の注目すべき人々との出会い」をTag Rag Recordsよりリリース。
2000年11月、神戸ジーベック・ホールににて「ギロチン兄弟プレゼンツ:広瀬淳二の注目すべき人々との出会い in 神戸」と題し出演。

大沼志朗・・・ drums
1973年 音楽活動を開始
1984年 モダンジャズを中心とした自己のバンド大「沼ジャズユニット」を結成。
1986年 不破大輔bassらと「フェダイン」を結成。1989年「渋さ知らズ」に参加。1996年「フェダイン」にてドイツツアー。
1997年 「フェダイン」にてロシア、リトアニアツアー。1998,2000「渋さ知らズ」にてヨーロッパツアー。
2001年 渡辺てつsax,永塚博之bassと「大沼志朗トリオ」を結成。2003年 森 順治sax,スガダイローpianoと「M.A.S.H.」を結成。2005年 板倉克征piano,Duoにてロシアツアー。2005年Heinz Geisser drums と「drums duo」を開始。
2006年 Andreas Dormann reeds と日本ツアー。Bruce Eisenbeil guitar と日本ツアー。
2007年 Andreas Dormann reeds,永塚博之bassと「DIE BANDE」を結成。藤川義明sax「Free Jazz Work Shop」に 参加。

雨宮拓 ・・・ピアノ
プロフィールは公表されてないですが、名ミュージシャンとの共演を重ねるとても良いピアニストです。本人ホームページはないですが、様々な方が雨宮氏のピアノについてブログ等でかかれてますので、是非検索してみてください★




@@@@@@@@@@@@@@@@@@
ライブもできて、安価な練習スタジオ ピグノーズスタジオコチラ
生音楽を聴いて呑む なら・・Gallry 『ときみつうし』 コチラ

複合不思議空間 中野ピグノーズコチラ
現在 中野ピグノーズではプロ・アマ問わずライブ出演者を募集中です。ホームページをご覧になるかお問い合わせください。080-2075-9849 | nakanopignose@docomo.ne.jp また画廊として様々な画家さんの作品をご紹介しています。展示をご希望の方もご連絡 お待ちしています。
[PR]
by mizuhology | 2009-04-02 09:40 | 告知